JSON Pretty Linter Ver3 がすごいこと

Share on Facebook

日頃、JSONのチェック用にいろんなチェックページを利用してますが、

最近、見つけたJSON Pretty Linter Ver3が素晴らしいです。

1) 構文チェックがついている

2) 整形結果がビューアーとコピー用に分かれてる

3) ビューアーが開発ツールみたいにトグル出来る

などでしょうか。

メニューをクリックしてみたら、他にも便利なのがてんこもりのようで、活用させて頂きます。

syncer2

syncer

オープンソースカンファレンス 2018 Tokyo/Spring

Share on Facebook

OSC 2018 Spring/Tokyo に行って来ました。
前回最後が前の投稿が2013年秋のことで、5年振りの参加となり、進歩が速く、流行りすたりの激しい業界事情を垣間見ました。

データベースは既存のPosgres, MySQL, Firebirdが昔はオープンソースで幅きかしてましたが、Hadopなどのキーバリュー型ビッグデータなのに注目が集まってるようですね。昔はオープンソース御三家などと呼ばれていて存在感大きかった気がします。
もちろん御三家も活発に機能性能向上していつので、下火ではないですが、
データベースという存在が、あまりにもインフラとして当たり前のものとなり、存在感がなくなったということでしょうか?

昔、クラウドという言葉が登場した当時、VPS, クラウドしか選択肢なかったようですが、Dockerが登場、Dockerが当たり前となり、DevOpsが注目されてるということでしょうか?

一人情シスな管理人にとっては、実用はVPSまで、Dockerで時々遊んでる位なので、他は不要ですが、Gitのセミナーを受講してみて、便利さが実感出来そうで、試してみたくなりました。

< 感想 >

[ 複数のドメインの異なるWebサイト、複数の団体向けグループウェアを1システムで運用できるオープンソースソフトウェア「SHIRASAGI(シラサギ)」]

特に導入予定ではないですが、オールWEBなクループウェアで、利用者用、管理者用ともに豊富な機能で、少ないコストでの運用可なところ、どのようなにされてるかのところ、興味深いので受講しました。UIの作り、サポート体制は参考になりました。

[ 今さら聞けない人のためのgit超入門 ]

gitは使う機会ないですが、使いこなしたくなり、受講してみました。gitの話より、宮原さんが話される日本仮想化技術の社内環境の話が興味深かったです。

[ 多要素認証やSMSマーケッティングを支える、テレフォニーAPI活用入門 ]

今の仕事にあまり関係ないですが、WEB APIは興味あるので受けました。半分以上わからない内容でしたが、curlの代替として、httpieというのがあるのを知り、早速インストールして使ってみました。JSONやXMLが整形して出力され便利です。一人情シスとしては、これだけでも今回のOSC参加の収穫として大きいです。

Java編

Share on Facebook

Javaの世界はとても広く、組み込み機器用ME, Android用, デスクトップ用FX, Swing, サーバーサイドServlet, JSP, JSF, 数多くのフレームワークなどなど。
多分全部に詳しい人はいないと思います。
管理人においても、主に使ってるのはサーバーサイド, JSP, 必要に応じてSwingとなってます。

Java Swing でコンポーネント配列もどき

Share on Facebook

DelphiやVBでコントロール配列やTagでコンポーネントを配列に出来て便利なので、Javaでも近いものを作ってみました。

JButtonの配列を宣言

フォーム初期化に入れる

全コンポーネントを走査してクラスがJButonの場合、配列に追加

各ボタンクリック時の動作をまとめてみます

データベースのバージョン取得用SQLのまとめ

Share on Facebook

JavaのSwingを試していて、MyBatisを使ってデータベースのバージョンを表示させてみました。

自分の使ってるデータベースだけですが、備忘録しておきます。

 

 

jQury-ui multiselectでアイテムに画像をつける

Share on Facebook

jqGridにjQuery-ui multiselectを使って、フィルターをつけてみたのですが、各アイテムにアイコン画像をつけてみると分かり易いと思いやってみました。

本家のドキュメントはここ

結果はこんな感じ。

jquery-multiselectpng

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コードは下のようにしました。afterinitの中でDOMをいじってます。openでも出来るのかも知れませんが。

$(‘#ms-opesel’).children(‘div’).eq(j).children(‘ul’);

‘ms-’ + select のidで見つかったDOMの下にdivで2リスト見つかり,項目はulで記述されてます。prependでhtmlにした画像を挿入。画像ファイル名は項目のテキストです。